東大斬りつけ事件

東大斬りつけ事件犯人火炎瓶を自作「安田講堂事件第2弾」の声

kumiaiseikanngolod-20honiri東大斬りつけ事件
クミアイセイカンゴールドは20本入り

1月15日に起きた東大斬りつけ事件。逮捕された男子高校生は火炎瓶を多数所持していました。犯人の男子生徒の火炎瓶はクミアイセイカンゴールド、火炎瓶に安田講堂事件第2弾の声を調査していきます。

東大斬りつけ事件犯人の学校5ちゃんねるで特定か

東大斬りつけ事件犯人の学校は東海高校!生徒の親は医者か

東大切りつけ事件犯人の親は教育ママ「常に子どもを比較していた」

東大斬りつけ事件概要

15日朝、大学入学共通テスト会場の東京大学の前で受験生ら3人が切り付けられた事件を受け、名古屋大学周辺の会場でも愛知県警が警戒に当たりました。

15日午前8時半ごろ、東京大学前の歩道で大学入学共通テストを受けに来た受験生ら3人が刃物で切り付けられ、名古屋市の私立高校2年の男子生徒(17)が殺人未遂の現行犯で逮捕されました。

この事件を受け、名古屋市千種区の名古屋大学の会場周辺でも試験が終わる午後6時ごろから愛知県警の警察官が警戒に当たりました。

逮捕された男子生徒が通う学校は「本校生徒1名の身柄が保護されていることを確認しました。それ以上のことは事実の確認ができていない」などとコメントしています。

引用元:Yahoo!ニュース

東大斬りつけ事件犯人の火炎瓶はクミアイセイカンゴールド

東大弥生キャンパス正門前で起きた斬りつけ事件。逮捕された男子生徒は多数の火炎瓶を所持していたと報じられています。

hannnin-kaenbin

犯人は火炎瓶を自作したか

火炎瓶とされる瓶には、クミアイセイカンゴールドの文字が並んでいます。調べたところ、大生堂薬品工業株式会社という会社が製造している一般用医薬品内服液だといいます。匿名掲示板でも、犯人の少年が自作した火炎瓶になった栄養ドリンクが気になるようで、下記のような書き込みがされていました。

dorink-hanbaisitenai

火炎瓶になった栄養ドリンクは薬局で売っていない?

これ(クミアイセイカンゴールド)薬局では売ってないけどどこで売ってるの?

調べたところ、クミアイセイカンゴールドの販売先は限られているようです。独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA;Pharmaceuticals and Medical Devices Agency)に、クミアイセイカンゴールドを販売している会社の情報がありました。

kaenbin-eiyoudorinku

火炎瓶に使われた栄養ドリンクの販売先

販売会社:岐阜県厚生農業協同組合連合会
リスク区分等:第2類医薬品

更にクミアイセイカンゴールドを製造する会社のサイトの事業内容を確認したところ、先ほども書いた通り一般用医薬品、配置用医薬品および医薬部外品の製造販売とありました。

hanbaisaki

クミアイセイカンゴールド内服液の販売先

主要取引先
岐阜県厚生農業協同組合連合会/ 愛知県厚生農業協同組合連合会
北海道厚生農業協同組合連合会/ ドラッグストアなど

とあります。

利用している配置薬の会社がクミアイセイカンゴールド内服液を取り扱っている、または通称:JA愛知厚生連(愛知県厚生農協協同組合連合)、ドラッグストアのどれかで購入したのでしょう。3本ずつ束ねて作られた火炎瓶を3セットあることから、日常的に栄養ドリンクを服用していたのではないでしょうか。

kumiaiseikanngolod-20honiri

クミアイセイカンゴールドは20本入り

クミアイセイカンゴールドは30mlの小瓶で1ケース20本入りです。価格について調査しましたが、残念ながらわかりませんでした。しかし、類似する商品(内服液)の価格がありましたので、参考までに掲載しておきます。

naifukueki-kakaku

内服液価格情報

出典:北海道厚生農業協同組合連合会

クミアイセイカンゴールド 30ml×5本
旧価格825円 令和3年10月より935円

先ほど販売先がJA愛知県の他、JA北海道(北海道厚生農業協同組合連合会)と記載しました。愛知県での販売価格が同じだとするなら、個数は違いますがクミアイセイカンゴールドは1本187円ということになります。

東大斬りつけ事件犯人の火炎瓶に安田講堂事件第2弾の声

東大斬りつけ事件で使われた火炎瓶について調査していたところ、匿名掲示板にこのような書き込みがされていました。

toudaikirituke-dainidan

東大斬りつけ事件は安田講堂事件第2弾

安田講堂事件第二弾をたった一人でやるとか
さとり世代って団塊のソロverやろ

というのです。

東大安田講堂事件(とうだいやすだこうどうじけん)は、いまから52年前に起きた事件です。全学共闘会議(全共闘)および新左翼の学生が、東京大学本郷キャンパス安田講堂を占拠していた事件と、大学から依頼を受けた警視庁が1969年(昭和44年)1月18日から1月19日に封鎖解除を行った事件であり、別名:東大安田講堂攻防戦ともいわれています。

東大安田講堂事件は事件を起こした学生たちが自分たちの主張を唱えて紛争を起こしました。今回の東大斬りつけ事件とは結びつけたのは、武器の一つとして火炎瓶が使われたこと、今回の斬りつけ事件が起きた場所が東大だったことから、安田講堂第2弾と連想させたのでしょう。

 

東大斬りつけ事件犯人の学校5ちゃんねるで特定か

東大斬りつけ事件犯人の学校は東海高校!生徒の親は医者か

東大切りつけ事件犯人の親は教育ママ「常に子どもを比較していた」

知りたいを深掘り情報局

コメント