皇室関連

眞子さまPTSDは嘘!小室佳代に保険金をかけられないようにした

makosama-202109皇室関連
眞子さま2021年9月時点のお姿

秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまが小室圭さんと10月26日にご結婚されることを宮内庁が正式に発表。眞子さまが複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されたことも明かされました。眞子さまのPTSDは嘘、小室佳代に生命保険をかけられないようにしたについて調査していきます。

眞子さまのPTSDは嘘

眞子内親王殿下がPTSDであると明らかにされたことで、世間では眞子さまのPTSDは嘘なのではないかといった声が多く上がっています。眞子さまのPTSDが嘘だと言われるのは何故なのでしょうか。まず、PTSDというのは下記のことを言います。

makosama-ptsd

眞子さまはPTSD

PTSD(Post Traumatic Stress Disorder :心的外傷後ストレス障害)は、死の危険に直面した後、その体験の記憶が自分の意志とは関係なくフラッシュバックのように思い出されたり、悪夢に見たりすることが続き、不安や緊張が高まったり、辛さのあまり現実感がなくなったりする状態です。

PTSDになり痩せる人がいるという。眞子さまは2018年~2019年頃から誹謗中傷によって心を痛め、PTSDの症状が出るようになったそう。PTSDになったと報じられた眞子さまのお姿を過去と現在で見比べてみましょう。

2019年5月、新天皇即位を祝う一般参賀に出席された際の眞子さまです。

makosama-201905

眞子さま2019年5月時点でのお姿

2020年1月、皇居での新年一般参賀にお姿を見せた眞子さま。

makosama-202001

眞子さま2020年1月時点でのお姿

先程の2019年5月でのお写真と比べても、2020年一般参賀での眞子さまの口角は不自然なほど上がっています。

最近の皇室へ向かう眞子さまのお姿をとらえたお写真がこちらです。

makosama-202109

眞子さま2021年9月時点のお姿

マスクにすっぽりと顔の半分以上が隠されているため、眞子さまの顔の輪郭は確認することができません。PTSDであると診断された眞子さま。しかし、眞子さまの目の下にクマなどの明らかな兆候は見られません。また、送迎車の車窓から見える眞子さまの胸元から上の画像を見る限り、痩せてはいません。

「PTSD説を裏付けるためにも、眞子さまに痩せるようお伝えしたのですが難しかったようです」と宮内庁関係者は語る。

眞子さまはPTSDであると発表されましたが、体型は変わっておらず健康そのものです。少しでもPTSDに見せかけるためにダイエットをするよう宮内庁では指導を行いましたが、眞子さまはロイヤルポテチの誘惑に勝てなったようです。

油で揚げて味付けは塩だけのシンプルなポテチの中毒性は非常に強かったようです。自ら決めてダイエットをしていたわけではありませんから、自分の思いを通す眞子さまにとっては周りから言われるのは非常にお心を痛める原因だったのでしょう。結婚について国民を黙らせるためのPTSD策は、眞子さまの体型のとおり思惑通りには進みませんでした。

更に追い打ちをかけたのは、PTSDでありながら、眞子さまは現在の公務や、結婚の準備に支障はないという発言だ。果たしてそうなのだろうか。眞子さまと同じPTSDになったことのある人は、ツイッター上に自身がPTSDだったときの状態を書き込んでいます。

makosama-ptsdnijijyouseikatumuzukasii

眞子さまPTSDは日常生活が難しい

複雑性PTSDの症状が最も深刻だった学生の頃、解離がかなり酷くて日常生活に支障が出ました

寝れない、記憶が飛ぶ、常に情緒不安定で攻撃的な言動が抑えられない、フラッシュバックのたびに自傷行為、食事が喉を通らず体重が維持できない…など

眞子さまの状態は分かりませんが、会見できるのですか?

makosama-ptsd

眞子さまPTSDで日常生活に支障なし?

PTSD経験者ですが、日常生活もままならない健康状態になります。
異国に行かれて、結婚·出産とか難しいのでは?
結婚準備に、支障がないなんて
軽度出はないのか?

PTSDになった人は、日常生活が難しいと言います。結婚の準備は人生のハレの舞台ではありますが、ストレスを多く感じる人生イベントですから、結婚の準備に支障がないとは言えないでしょう。

国民は眞子さまの結婚に対してさまざまな意見を述べていますから、結婚というキーワードで眞子さまがフラッシュバックしないとも限りません。フラッシュバックを考慮せず結婚の準備に支障がないというのですから、PTSDが嘘であると言っているようなものです。

眞子さまはPTSDで生命保険がかけられないようにした

眞子さまはPTSDであると宮内庁が発表しました。皇室を離れる皇族に支払われる一時金を眞子さまが辞退し、眞子さまの嫁ぎ先である小室家に巨額のお金が入るのは阻止されました。しかし、油断はできません。

なぜなら、小室圭さんの母親、小室佳代さんの周りではこれまで3人の身内が不審死しているからです。

mako-gibo-komurokayo

眞子さまの義母予定の小室佳代さん

出典:文春オンライン

  • 2002年小室圭さんの父親・敏勝さんが焼身自殺
  • 2002年小室圭さんの祖父・善吉さんが後追い自殺
  • 2003年小室圭さんの祖母が自殺

身内が3人も同時期に亡くなっているのですから、不審死と思われても仕方がありません。小室圭さんの母親佳代さんは、敏勝さんが亡くなった際、マンションのローンを完済していますから、敏勝さんに保険金をかけていたのでしょう。入った保険金をマンションのローンにあてたのでしょう。

将来眞子さまの義母になる小室佳代さんですが、遺族年金保険詐欺の疑いや、保険金詐欺など金にまつわるトラブルが絶えません。小室佳代さんに貸し付けたという400万円もいまだ返済されていませんし、なにより、一番疑わしいのは小室佳代さんは上記に上げる通り、身内が3人も自殺した経緯があります。

眞子さまの一時金が「小室家」へ入る予定でしたが、眞子さまが辞退されたことにより有り余るお金が入金される予定は消えてしまいました。

眞子さまには何をおっしゃっても声は届きません。小室圭さんとの結婚を考え直すことは難しいと判断しました。やはり不安なのは小室圭さんより母親である佳代さんでしょう。佳代さんはこれまで金銭的なトラブルが多数ありますし、元婚約者との間で取り交わしたという400万円の金銭問題も解決していません。

「小室圭さんの母佳代さんはご主人の保険金を受け取って返済に充てた経緯がありますので、小室圭さんと結婚される眞子さまにも保険金がかけられないとも限りません。PTSDは精神疾患ですから、医師の診断が必要な病気に該当します。生命保険に加入することもできますが、それには医師のお墨付きをもらう必要がありますので、しばらくは眞子さまが脅かされることはないでしょう」

と宮内庁関係者は語っている。

 

知りたいを深掘り情報局

コメント