東谷義和

小林麻耶「海老蔵のブログは嘘」離婚を使って女性報道のもみ消し

東谷義和
小林麻耶

東谷義和さんの生配信に、小林麻耶さんが参加されました。小林麻耶さんが語ったのは、妹麻央さんのガン治療をした気功師がプロの詐欺師だった、ブログは嘘、女性報道もみ消し、離婚したのは麻央の子供たちに会うためだったについてまとめていきます。

東谷義和SMAP解散「メリーが飯島にキレたせい」

綾野剛は酔っぱらうと面倒くさい

綾野剛暴力「はぎちゃんが原因」

 

小林麻央「気功治療を辞めさせてもらえなかった」

東谷義和さんと生配信で電話対談することになった小林麻耶さんは、妹小林麻央さんの治療について口を開きました。小林麻央さんはガンになったとき、最初標準治療を選んでいたといいます。しかし、海老蔵さんはとある気功師による気功療法を小林麻央さんに勧めたといいます。(後述しますが、小林麻央さんに気功療法を施したという人物が詐欺師だという)

 

最後に亡くなる直前に、やめたいやめたいっていう風に言ったんだけど

やめさせてもらえなかったって言うのを聞いた
小林麻耶さんは、妹小林麻央さんが辞めたいという希望を伝えるも、希望通りにならなかったと話しています。そして、小林麻央さんに気功治療をしたという人物が、海老蔵さんの歌舞伎中東講演の関係者であったことを告白しました。

気功師は歌舞伎中公演の立役者で詐欺師

小林麻央さんに気功治療をしたという人物が、歌舞伎の中東公演を開催させた立役者であることが、小林麻央さんによって語られました。

その気功師(詐欺師)は、海老蔵が2016年2月に

初めて中東で歌舞伎を開くというのがあったんですが

そこの中東公演を実現した人

(気功師で、詐欺師)なんです。
*初の中東公演とは

出典:https://www.kabuki-bito.jp/news/2966

2016年2月 フジャイラ(アラブ首長国連邦)、ニューヨークにて「市川海老蔵 GRAND JAPAN THEATER」が開催されました。日本とUAEとの文化交流事業として行われるフジャイラの公演では、『三升曲輪傘売』、『連獅子』が披露されたという。

東谷義和さんは、中東公演を成功させた立役者である気功師で詐欺師について、誰なのか探りを入れますが、小林麻耶さんは、

(名前の公開は)控えようかなと思います

小林麻耶さんが控えようと言ったのも無理はありません。現在麻耶さんは現在金銭トラブルに巻き込まれていたのです。詐欺にあった被害金額は下記の通りです。

  • 小林麻耶さん 9000万円
  • 小林麻央さん 2億3000万円
  • 小林麻耶さんの母親 4000万円
中東公演をしたのは海老蔵さんでした。すでにYahoo!などメディアでも金銭について報じられており、「海老蔵の中東公演に関連した(お金の)貸与だと思われる」とあったたため、東谷義和さんは、
その詐欺師の方が騙したってことですか? 海老蔵さんが騙した感じですか?
海老蔵さんが関係しているのか確認しています。東谷義和さんの質問に対し、小林麻耶さんは
お金は海老蔵さんではなく詐欺師に渡したと話しています。
その詐欺師にお金を渡しています。

 

小林麻耶だけじゃない!海老蔵もプロの詐欺師に騙されていた

海老蔵さんの中東公演で、公演に関連したお金を貸与した小林麻耶さん一家。東谷義和さんは、小林麻耶さんが弁護士と口にしていることから、訴えるのか探りを入れます。

実際そのお金の件も含め今弁護士もいれて、海老蔵サイドを訴える準備をしているということですね?

詐欺師を訴えてる
弁護士さんに1番最初に言われたのが
詐欺師をこれまで本当に数々見てきたけど
この人はプロ中のプロの詐欺師ですって言われました。
小林麻耶さんの言葉に、東谷義和さんは
立件するのは難しいってことですね?

完全に難しい
小林麻耶さんが難しいと言った理由は、
  • お金がどういう風に流れているか全部探してもらった
  • しかし、一切足がつかないようになっていた
  • 詐欺師の資産や財産がゼロだった

上記の理由から、小林麻耶さんは弁護士を立てて詐欺師を訴える準備をしていますが、(立件は難しくて)どうしようもないとコメントをしています。

詐欺師について、東谷義和さんは海老蔵さんが(詐欺に)加担している部分はあるのか?と質問を投げかけると、小林麻耶さんは、

(海老蔵さんは)中東公演に一緒に行っている

(詐欺師と)支払いトラブルが起きている

海老蔵さんサイドにその(詐欺師の)人が(お金を)払えないって言うのは聞いています
と回答しました。海老蔵さんも詐欺師と金銭トラブルになっており、海老蔵さんも騙されたと言って間違いないでしょう。

 

小林麻耶は海老蔵に離婚をバラされた

小林麻耶さんはYouTubeやブログで海老蔵さんに対し自分の思いを発信しています。小林麻耶さんは海老蔵さんに、ブログで離婚をバラされたことに怒っていました。

私は吟君と去年の4月に離婚している
吟君も公表しなくていいんじゃない?って言っていた
しかし、小林麻耶さんはメディアにもたびたび取り上げられていましたので、離婚を公表しないわけにもいかないと思っていました。
世間の皆さまに、(離婚を)公表した方がいいと思った。
母を通して(離婚を公表しなくていいかと)海老蔵に聞いたところ
(海老蔵に)離婚を発表しなくていいと言われた
海老蔵さんにお伺いを立て、離婚を発表しない方向で話が終わったかに思われた小林麻耶さん。しかし、海老蔵さんは小林麻耶さんとの約束を破ってしまいます。

去年の10月末に海老蔵が「おかえり」っていうブログを

書いたんです、勝手に。
*海老蔵さんのブログ「おかえり、」とは

出典:海老蔵オフィシャルブログより

2021年10月29日、海老蔵さんは「おかえり、」というタイトルで、

出典:海老蔵オフィシャルブログよ

久しぶりに
今日は麻耶ちゃんとキラキラ
晩御飯🍽本当色々あったけど、
おかえり

と小林麻耶さんと子供たちが一緒に写った写真と一緒にブログを更新しました。

小林麻耶さんが言うとおり、離婚をほのめかすような書き方をしている海老蔵さんのブログには、

  • 麻耶さんと再び交流できるようになってよかったですね
  • 戻ってきて本当に良かった
  • 本当に良かった、麻耶ちゃんの目が覚めて
  • 麻耶ちゃん再会おめでとう!

などのコメントが多数書き込まれています。

海老蔵のブログは嘘!小林麻耶は子供たちに何度も会っていた

子ども達と仲睦まじく過ごす写真を掲載している海老蔵さんのブログ。小林麻耶さんは事実と異なることが書かれているといいます。

麗禾(れいか)ちゃんと勸玄(かんげん)くんとその前から何度も

 

会ってるんですよ。

まるで初めて麗禾(れいか)ちゃんと勸玄(かんげん)くんとその日に会ったかのように書いている

確かに、小林麻耶さんが言う通り海老蔵さんのブログ(おかえり、)には、「久しぶりに今日は麻耶ちゃんと晩御飯」、「二人にとって待ちに待った日きたね」、という言葉が使われています。

久しぶり(久方ぶり)の意味は、

かなりの時間を経ていること

引用元:https://www.weblio.jp

ですし、待ちに待ったは

非常に長い間期待しながら待ちつづけた

引用元:https://dictionary.goo.ne.jp/

を意味しています。2つの言葉を使っていることからも、ブログを読んだ人はしばらく会っていないと思うのは間違いありません。実際、海老蔵さんのブログに寄せられたコメントには、

  • 待ってました
  • 帰りなさい
  • またいっぱい遊んでいる姿を見られるといいな

など、小林麻耶さんが長く麗禾(れいか)ちゃんと勸玄(かんげん)くんに会えていないと思って書かれたものが多数見受けられました。小林麻耶さんは子供たちに何度もあっているというのですから、久しぶりなどとしばらく会ってないと思わせる言葉を使っていることからも、海老蔵さんのブログは嘘ということでしょうね。

海老蔵小林麻耶の離婚で女性報道のもみ消しを図った

海老蔵さんがブログ「おかえり、」を更新する少し前、週刊誌に女性とのデート報道がスクープされました。

報道によると、9月22日地方公演のため、羽田空港から岡山空港に向かう飛行機には、海老蔵とともに黒髪ロングヘアー女性の姿が。20代前半だという。その女性は、倉敷の高級ステーキ店に海老蔵と時間差で入店。店から出ると、関係者らしき男性をまじえ、3人で夜の倉敷を散歩したという。

翌23日には、海老蔵がA子さんの宿泊するホテルへ。海老蔵が懐から1万円札の束を取り出してA子さんに手渡すと、2人で一緒にA子さんが泊まるホテルへと入っていったとも伝えている。

引用元:スマートフラッシュ

その翌日にも、別の女性とのデート報道をされています。

次の公演のため、鳥取県米子市へ移動した海老蔵。次に待っていたのはボブカットが似合う30歳前後の女性。こちらの女性とは、同じ旅館で別々の部屋を取っていたようだが、深夜まで同じ部屋で2人きりの時間を過ごしていたという。翌24日には自転車デートを楽しむ姿が報じられている。

引用元:スマートフラッシュ

2人とのデート報道を週刊誌に撮られた海老蔵さん。小林麻耶さんは海老蔵さんの今後について下記のようにコメントをしています。

すごい続々(女性関係の報道)これから出るよってことを私も聞いていた

もうとんでもなくいっぱい(女性関係)あるからって言うのは聞いていた
まあそれの(女性関係の)カモフラージュのために私の離婚を使った
小林麻耶さんが自身の離婚はカモフラージュのために使ったと言ったのは無理もありません。海老蔵さんが小林麻耶さんの離婚をほのめかすブログを書き、海老蔵ファンはものすごい勢いでコメントを書き込みました。

海老蔵さんのお言葉と、笑顔の写真に泣きました。私もほんとうれしいです。
本当に良かった。

海老蔵さんと麻央ちゃんきっと同じ気持ちで心配でしたよね。
本当によかった!
自分の事の様に嬉しいです(о´∀`о)

海老蔵さんの女性関係ではなく、小林麻耶さんを向かい入れる海老蔵さんを絶賛するコメントが多数書き込まれています。東谷義和さんも、海老蔵さんのブログ投稿やこれまでに見聞きし自分で感じ取った海老蔵さんのイメージから、海老蔵さんが行った行為を「(自身の)イメージアップ」だとコメントしていました。

(海老蔵の)イメージアップですね
小林麻耶さんは、海老蔵さんが離婚について海老蔵さんがブログに匂わせるような書き込みをしたことに対し、「離婚てプライベートで大きい(内容)」と話した上で、小林麻耶さんが気にしているのは元旦那である吟君が芸能人ではなく、一般人であるということ。吟君が芸能人ならまだしも、一般人のプライベートを晒したことに対し、
そこの(吟君の)プライベートも考えずに(海老蔵は)言ってるんですよ
海老蔵さんが勝手にブログを書いたことを非難しました。

子ども達に会いたいから離婚

小林麻耶さんは、夫・吟君と仲良くしていました。しかし、離婚せざるを得ない状況になります。小林麻耶さんは離婚した理由について、子供たちに会いたいからと告白しました。

姪っ子と甥っ子と会いたいから離婚したんですよ。

それ(会うには離婚)が条件というか、そうしないと会えないってことやったんですね。

それで離婚を伝えたら会えるようになったってわけですよ

小林麻耶さんは子供たちに会いたいから吟君と離婚したといいます。子供たちに会いたければ、離婚しなければならなかったという、海老蔵さんの真意については、小林麻耶さんが語ることはありませんでした。海老蔵さんが出した条件の理由については、わかり次第追記していきます。

小林麻耶再び子供たちに会えなくなる

離婚し、一時は麗禾(れいか)ちゃんと勸玄(かんげん)くん子供たちと会えていた小林麻耶さん。しかし、海老蔵さんのブログ「おかえり、」が投稿されるや否や、週刊誌が小林麻耶さんと元夫・吟君の様子を撮りに来たといいます。

小林麻耶さんと吟くんは不仲で離婚したわけではありません。あくまで海老蔵さんの条件を呑んでの離婚でした。

吟君と仲良くやっているので、それが(週刊誌に)撮られると

 

また麗禾(れいか)ちゃんと勸玄(かんげん)くんに会えていない

離婚しても仲のいい関係だった小林麻耶さんでしたが、週刊誌にキャッチされたことにより、子ども達に会えなくなってしまったといいます。更には、海老蔵さんのファンから誹謗中傷されたとも言います。

海老蔵ファンからいっぱい誹謗中傷が来た
小林麻耶さんに投げられた誹謗中傷は、
  • バカですか
  • 洗脳夫と元に戻ってなんなんですか

などと言われたといいます。

放送で言える範囲がこれなんですけど、きまくっていた

小林麻耶さんは海老蔵さんに対して謝罪を求めています。話が本当なら、海老蔵さんが小林麻耶さんを離婚させたということになります。しかも、海老蔵さんのブログによって海老蔵さんのファンが小林麻耶さんを言葉で攻撃するに至っています。海老蔵さんがブログで間接的に小林麻耶さんを傷つけていますから、小林麻耶さんが謝罪を求めるのは当然でしょう。

果たして、海老蔵さんが小林麻耶さんに謝罪する日は訪れるのでしょうか。

海老蔵は終わってる

海老蔵さんにされてきたことを語った小林麻耶さん。話を聞いた東谷義和さんは、 

海老蔵に対するイメージって麻耶さんが思ってるような

イメージと同じようなイメージを(僕は)持ってる

この人(海老蔵)終わってるなーって僕もずっと思ってました

小林麻耶さんと海老蔵さんについて答え合わせをし、終わってるという結論をだします。東谷義和さんは、小林麻耶さんとは違う観点で海老蔵さんを見ていましたが、小林麻耶さんの話の通りの人物だったようです。

東谷義和は今後も海老蔵ネタを取り上げる

生配信中に小林麻耶さんと電話対談した東谷義和さん。小林麻耶さんを援護射撃で応援するとコメントし、視聴者の方々に応援と理解を求めました。

視聴者の方々に、もちろん応援してもらわないとできひんし、
理解もいただきたいなぁと思っています

更に、今後海老蔵さんを取り巻いている人間の話をしていきたいとも語っており、海老蔵さんの話をしていく中で、いろんな人間の話題も出てくる、視聴者の皆さんは十分楽しめるといいます。

(取り巻き)角森も海老蔵のこと好きじゃないですからね
知りたいを深掘り情報局

コメント