エンタメ

アンミカ夫の不正受給疑惑!削除の仕事実績にリッツカールトンやポケモンも

エンタメ
アンミカの旦那瀬尾ドールミラー助成金不正受給疑惑

バラエティー番組でコメンテーターとして活躍しているタレントのアンミカさんの夫(セオドール・ミラー氏)経営する会社に、雇用調整助成金の不正受給の疑いがあることが、週刊文春で報じられました。セオドールミラーの会社エンパイアエンターテインメント、削除された仕事実績、不正受給疑惑、雇用調整助成金、内部告発は不正が許せなかったについて調査していきます。

(追記)アンミカが泣きながら論点をすり替えた過去を追記しました。

アンミカは夫の不正受給疑惑にコメントする?番組はスルーの方向か

セオドール・ミラーの会社エンパイアエンターテイメント

セオドール・ミラー氏が経営しているのは、エンパイアエンターテイメントジャパンという会社です。エンパイア社はニューヨークに本社(1993年に設立)があり、エンパイアエンターテインメントジャパンは2005年に設立しました。

empireentertainmententertainment

エンパイアエンターテイメント会社について

エンパイア社はイベント会社で、週刊文春によると企業の年間収入は15億円ともいわれています。エンパイア社が取引しているクライアントには、

  • Google
  • ディズニー
  • マイクロソフト
  • ナイキ
  • TIME
  • 20世紀FOX
  • トヨタ
  • ロレックス

など、一流企業の会社名がずらりと並んでいます。

資本金や上場していれば決算書なども閲覧することができますので、売上ついても調査しましたが、エンパイア社の法人情報に資本金の記載はありませんでした。また、プレスリリース・ニュースリリース配信サービスを行うPR TIMESによると、

empireentertainment

エンパイアエンターテイメントの会社情報について

エンパイア社は株式に上場していませんので、資本金や売上についての情報を得ることはできませんでした。

アンミカの旦那セオドールミラー氏の会社に不正受給疑惑

アンミカさんの旦那であるセオドール・ミラー氏の会社エンパイアエンターテイメントジャパンに雇用調整助成金の不正受給疑惑があると週刊文春が報じました。内容について見ていきましょう。

エンパイア社は新型コロナ感染拡大により、2020年3月頃からイベント数が減少し、それに伴って社員の勤務日数も変更されたという。

エンパイア社の雇用調整助成金不正受給疑惑の経緯は下記のとおりです。

  • 2020年4月から週3日勤務。週2日は休業日となる。
  • 2020年7月から通常業務(週5日勤務)に戻る
  • 2020年7月の給与明細で休業日数が21と印字されていた。
  • 2020年8月、9月の給与明細には休業日数が20と印字されていた。
  • 2020年7月~9月、実際に働いていた日が帳簿上休業日扱いになっていた。
  • 文春はエンパイア社の給与明細を入手した。
  • 給与明細で休業日数が水増しされていることがわかる。
  • 水増しされていたのは一人ではなく複数いることが判明。
  • ミラー氏に確認するも、取材は会社に連絡して下さいと言われ、回答は得られなかった。
  • エンパイア社は助成金を受給していた
  • エンパイア社は休業日数の改ざんについて、現在事実関係を調査中

エンパイア社が削除した仕事実績

エンパイア社の公式サイトには、プロジェクトという項目でこれまで携わってきた仕事実績が掲載されており、7月に「朝日新聞ボンマルシェ」主催のオンラインイベント、8月には「JWマリオット・ホテル奈良」のブランドビデオ制作があったという。

調べたところエンパイア社のホームページには2020年7月のイベントは掲載されているものの、週刊文春が報じたイベント実績は掲載されていませんでした。週刊文春が取材をしている最中に掲載していたのであれば、現在掲載されていないということは削除したということになります。

削除されたイベントについて調査しました。

削除された実績①7月の朝日新聞ボンマルシェ主催のオンラインイベント

7月に開かれたイベントでしたので、調べたところ2020年7月8日に「第2回ボンマルオンラインお茶会」が開催されたことが、朝日新聞ボンマルシェオンラインの公式サイトに掲載されていました。

sakujyo-ibent

削除された実績①朝日新聞ボンマルシェ

sakujyo-jisseki

削除された実績①について

朝日新聞ボンマルシェのオンラインお茶会では、ボンマルシェの誌面作りに参加しているアンバサダー5人と編集部などが集まり10人ほどで、オンライン上で誌面について意見交換や情報交換が行われていました。

しかし本当にそうなのでしょうか。実際、さきほどの通りエンパイア社の公式サイトには2020年7月のイベントは1件のみ掲載されているだけで、朝日新聞という文字は一切ありませんでした。

事実を調べるために、エンパイア社の公式サイトで「ASAHI」と検索をかけたところ、1件の情報が出てきました。日付は2020年7月です。

8gatu-jisseki

削除されたという7月の仕事実績

コウケンテツさんとボンマルライブクッキング

とあります。「コウケンテツさん」、「ボンマルライブクッキング」で検索をかけたところ、朝日新聞ボンマルシェ掲載コラムの中に、エンパイア社の画像と同じ画像がありました。

jisseki

7月の削除されたとする仕事実績

朝日新聞ボンマルシェによると、イベントが開催されたのは2020年7月30日です。エンパイア社のボンマルシェの記事を開くと、下記のページが表示されてしまいます。

sakujyo

記事は削除されているのは事実であることが判明

実績情報の最新記事が表示されてしまい、朝日新聞ボンマルシェの記事が表示されません。ボンマルシェの記事が開くことができないのは、削除または閲覧できない状態になっているのでしょう。



削除された実績②8月のJWマリオット・ホテル奈良のブランドビデオ制作

8月、JWマリオット・ホテル奈良のブランドビデオ制作がされたと週刊文春にありましたので調査しました。JWマリオットホテル奈良は2020年7月に誕生し、2020年8月12日(水曜日)に、ファーストゲストの中田英寿氏の滞在記をまとめたショートムービーが、ホテルの公式スペシャルサイト上で公開されていることがわかりました。

jisseki-skaujyo

8月の仕事実績削除されたもの

出典:https://prtimes.jp/i/11305/561/resize/d11305-561-776107-0.jpg

動画は2本制作されていますが、中田英寿さんが出演するMVは2作目です。動画を見たい人はこちら→公式サイトへ

エンパイア社の公式サイトで「NARA」と検索をかけたところ、2件の情報が出てきました。日付は2020年8月となっています。

sakujy

削除されたと思われる仕事実績

JWマリオネットホテル奈良:最初のゲストコマーシャルイルム

となっています。

エンパイア社のJWマリオネットホテル奈良の記事を開くと、下記のページが表示されてしまいます。

sakujyo

記事は削除されているのは事実であることが判明

実績情報の最新記事が表示されてしまい、朝日新聞ボンマルシェ同様記事が表示されません。JWマリオット・ホテル奈良の記事が開くことができないのは、削除または閲覧できない状態になっているのでしょう。

(追記)JWマリオットホテル奈良の記事の検索結果が2件から1件になり、データが消えていました。

他に削除されたと思われる実績

週刊文春の取材の後、エンパイア社がホームページに掲載してその後削除されたとする仕事実績が気になりましたので、さきほどの手順で調べてみました。

2020年7~8月に掲載されていたのは下記のとおりです。

削除されたとする実績

削除されていた実績

削除されたとする実績

2020年9月で掲載されていたのは下記のとおりです。

sakujyo-jisseki

削除されていた実績

上記記事については、さきほどの朝日新聞ボンマルシェ、JWマリオットホテル奈良同様、開くと最新の実績が表示され、記事を閲覧することができなくなっています。

雇用調整助成金は休業すると1日1人15,000円!

元社員の方が、週刊文春で「助成金」と語っていたのは雇用調整助成金のことです。

雇用調整助成金

出典:厚生労働省 雇用調整助成金の内容

出典:厚生労働省 教育訓練での補助金について

雇用調整助成金は、企業が従業員に支払う休業手当の一部を助成する制度です。2021年4月まで、1人当たり1日15,000円を上限に、教育訓練を受講させた場合には2,400円が加算されます。

雇用調整助成金を受給していることを会社は認めています。受給するために雇用調整助成金を申請しているわけで、申請には従業員の出勤簿や給与明細などの写しを提出しなければなりません。元社員は出勤していたのに休業していることになっていたと語っているので、提出している書類が改ざんされていた場合、下記の処置が行われます。

  • 不正受給した補助金の返還
  • 不正受給した補助金✕20%相当の金額
  • 不正受給した日を起算日に納付の日までの延滞金
  • 5年間は不正受給に係わる事業主に対して雇用関係助成金は支給されない
  • 最悪事業主が告発される場合がある(事業主名等が公表される)

内部告発は不正を許せなかった?

アンミカ夫のセオドールミラー氏が代表を務める会社・エンパイア社で、補助金不正受給の疑惑がスクープされました。元社員による内部告発です。内部告発をするのは不正を許せない、会社に対して怒りや恨みなどの感情で行ったりすることもあります。

元社員は実際出勤していたにもかかわらず休んでいたこと(休業扱い)にされていました。元社員の人は、普通に働けることが嬉しくて精一杯働いたというのですから、勤務日数が減って辛かったに違いありません。その後、給与明細で休業扱いされたことがわかります。

精一杯働いていたのに、給与明細でおかしな点を見つけて会社が助成金を受け取っていたなら不正行為に当たるのではないかと、会社を気にしていますから、元社員は会社が好きだったことがわかります。

元社員は会社が好きでしたが、会社は給与明細に週5勤務ではない数字を印字していました。実際とは違う給与明細の数字でしたし、元社員の人は会社に対して不正は許せないと思ったに違いありません。

(追記)アンミカ泣きながらコメントで論点をすり替えた過去がある

セオドール・ミラー氏と2012年に結婚し、7月26日に10周年目を祝う様子をアンミカさんは自身のインスタグラムに投稿していました。

anmika-2shot

アンミカ夫セオドールミラー氏とツーショット姿を投稿

出典:アンミカ公式インスタグラムより

結婚から10年経った今も、インスタグラムにはセオドール氏と仲睦まじく写る写真が多数投稿されています。

アンミカ夫とツーショット

アンミカ夫とラブラブ健在

セオドールミラー氏の会社が助成金の不正受給の疑いが浮上したわけですが、アンミカはコメンテーターとして出演する番組で、助成金不正受給について、このようにコメントをしていたそうな。

anmika-fuseihatugen

アンミカ不正受給についてのコメント

「この2人のせいで一番腹立つんがね、給付金の手続きがより厳粛になっちゃって、遅れる人が増えてくることが腹立つのよ。ほんまバカタレ!」

アンミカコメントニュースになる

アンミカさんが番組でのバカタレ!コメントがニュース記事になっています。影響力があるということでしょう。夫セオドール氏の会社の助成金不正受給疑惑について、バイキングMOREでどのようなコメントを出すのでしょうか。

夫とのラブラブぶりを見せつけるアンミカさんですから、大好きな夫を擁護したいでしょうが、過去に不正受給について厳しいコメントをしていますので、擁護するコメントはしないでしょう。ただし、調べたところアンミカは某番組で、新潮45に掲載された杉田水脈議員の文章(LGBTを生産性のないと差別的内容であると非難)について、関係ない立場でありながら、さも自分に関係しているかのように発言し泣く場面がありました。

アンミカ論点をずらしてなく

LGBTの人たちとアンミカの立場は明らかに違っており、アンミカさんは関係ありませんでしたが番組内で涙を流しました。

論点をずらし、子どもができなかったことについてアンミカさんは涙したのです。問題のLGBTは生産性がないとは関係ありません。男女のカップルと同性のカップルは(生殖機能で子どもができるかどうかという点において)同じ立場ではありませんから、同一視するのはおかしな話です。

セオドールミラー氏の不正疑惑についても、アンミカさんは妻ではありますが会社に関係していたわけではないので、会社としては関係ない立場でしょうが、世間ではどのようなコメントをするのか気になっていますので、アンミカさんはコメンテーターですから、コメントすることがあるでしょう。

ただ、論点をすり替えて泣いてコメントすることがありましたので、アンミカさんは論点をすり替えてコメントするでしょう。

アンミカは夫の不正受給疑惑にコメントする?番組はスルーの方向か

知りたいを深掘り情報局

コメント